夏休みの沖縄旅行はディープな“神の島”久高島はいかが?観光スポットまとめ - tabico

夏休みの沖縄旅行はディープな“神の島”久高島はいかが?観光スポットまとめ

沖縄本島から約15分で行ける、身近な離島の久高島。沖縄の人々から“神の島”と呼ばれる久高島は、沖縄の中でも少し変わった雰囲気が漂うどこか神秘的な島です。今回は、夏休みの沖縄旅行におすすめな久高島をピックアップします。

1572 view更新日:2015年05月13日 情報提供:tabico編集部

沖縄旅行と言えば、石垣島や宮古島が有名ですが、沖縄の本当に楽しむなら久高島へ行ってみるのがおすすめ。ここでは沖縄本島や他の離島では味わえない魅力がいっぱい。どこか厳かな雰囲気のある久高島をご紹介します。

久高島への行き方・注意点

久高島までのアクセスは、沖縄本島南部、知念の安座真港から久高海運の運行する船路となります。所要時間は高速船で15分、フェリーで20分。また、他にも不定期高速海上タクシー海峡があり、こちらは約10分ほどで行くことができます。

久高島おすすめの見どころ3選

久高島は島全体が平坦な土地になっていて、自転車を使えば島を一周するのにも一時間ほどで回れてしまいます。3人以上などのグループで訪れる場合には、島の人が車を出して、島内を案内をしてるサービスもありますので(有料・要予約)、体調や気分に合わせて利用してみてくださいね♪

徳仁川拝所

久高島の玄関口である「徳仁港」に降りたらまず行ってみてほしいのが、船を降りてからわずか2~3分の距離にある「徳仁川拝所」。

「徳仁川拝所」は森が茂る岩場の手前にひっそりとあり、島の住民以外の方が旅行する際に必ず挨拶する場所です。挨拶する者は自分がどの地域から何が目的できたのかを伝える。そうすることによって島中の人々や神様、各拝所に伝えることができると言われています。

看板などもなく目立たないので注意して歩いてみてくださいね。

ロマンスロード

青とエメラルドグリーンのグラデーションの海は沖縄旅行の醍醐味♪

青とエメラルドグリーンのグラデーションの海は沖縄旅行の醍醐味♪

出典:http://jp.pinterest.com/

久高島北側東にあるウディ浜から久高島先端のカベール岬に向かう道を「ロマンスロード」と呼び、サイクリングにぴったりの舗装された道が全長600メートルほど続いています。

途中にベンチが置かれている少し広くなった所と、その先に東屋がある広場が有り、その辺りから見る海の景色はまさに絶景♥皆様が想像している「沖縄旅行だ!」と思えるエメラルド色とブルーが混ざったグラデーションは、本当にキレイでずっと見ていられる風景です。

ロマンスロードは崖になっている箇所も多く、海岸沿いは多くの聖地になっています。勝手に踏みいれたり、滑って落ちてしまわないように注意しながら散策してみてくださいね。

久高島ダイビングサービス

透明度が抜群のエメラルドグリーンの海はとってもキレイ♥

透明度が抜群のエメラルドグリーンの海はとってもキレイ♥

出典:http://jp.pinterest.com/

沖縄旅行の楽しみと言えば、シュノーケリングやダイビングもその一つ。久高島での体験ダイビング・シュノーケリングが体験できるスポットが「久高島ダイビングサービス」。

久高島は海の透明度も高く、シュノーケリングもオススメですよ♪「シュノーケルツアー」、「体験ダイビング」の2種類があり、久高島の海を満喫できるツアーとなっています。アクティブに過ごしたい方は是非体験してみてくださいね♪

ダイバーグッズは全て貸出が可能なので、手ぶらでOK♪

ダイバーグッズは全て貸出が可能なので、手ぶらでOK♪

出典:http://jp.pinterest.com/ファンダイビング 1万1000円(税抜き)

お腹が減ったらお食事タイム♪

食事処とくじん

港の切符売場の近くにある「食事処とくじん」。島で唯一夜までやっている食堂で、海側の席からの景色もなかなかGoodなお店で人気です。海を見ながらお食事をするにはぴったりの場所。獲ってきた魚やタコや貝、丁寧に育てた野菜、久高島特産イラブー汁や海ブドウ丼が食せます。

おすすめのメニューは、「イラブー汁定食」。「イラブー」とはウミヘビのことで、島では神の使いとされています。500年以上とされる歴史を誇る久高島のイラブー漁と燻製技術。久高島では琉球国王に献上する為の手間ひま惜しまぬ秘伝の技が今でも伝えられています。

イラブーはお肉みたいな食感で美味しい♥

イラブーはお肉みたいな食感で美味しい♥

出典:http://jp.pinterest.com/イラブー汁定食 1500円(税抜き)

手づかみで大切に獲り、神聖な燻製小屋で自然の材料だけで7日間かけて燻製にされます。血の巡りが良くなることから身体が温まり、免疫力が高まることから、昔から年に2回食べると風邪をひかないと言われています。

食事処けい

「食事処とくじん」の近くにある小型のお店の「食事処けい」。屋外の席と室内は畳におぜん。海ぶどう丼、チャンプルー、カレーライス、チャーハンそれに、もちろん沖縄そばもやっています。営業時間は夕方くらいまでなので、行く方はお早めに!

オススメのメニューは久高島名物の「海ぶどう丼」。久高島に来たら絶対に食べてほしい一品です。「クビレズタ」という植物を使った料理で、久高島を含む沖縄では「海ぶどう」と呼ばれています。

これを食べないと始まらないという方もいる「海ぶどう丼」

これを食べないと始まらないという方もいる「海ぶどう丼」

出典:http://jp.pinterest.com/海ぶどう丼 1000円(税抜き)

散策が終わったらいよいよ宿泊♪

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング