ついに日本初上陸!屋内スカイダイビング施設が2016年に登場! - tabico

ついに日本初上陸!屋内スカイダイビング施設が2016年に登場!

株式会社FlyStation Japanは、ロシアとドイツで既に展開を行っている“宙を舞う”新感覚スポーツ施設、「FlyStation」を2016年3月末より日本(埼玉県越谷市)での営業を開始する予定を発表。

802 view更新日:2014年12月15日 情報提供:tabico編集部

世界中で人気の高まるIndoor Skydivingの“宙を舞う”新感覚スポーツ施設、「FlyStation」を、株式会社FlyStation Japanは2016年3月末より日本(埼玉県越谷市)での営業を開始する予定と発表。

牽引器具を一切使用しないフライト体験

「FlyStation」は世界最先端技術を用い、日本初の民間人用風洞装置(ウィンドトンネル)を建築するためにロシアで最初に設立。

通常のスカイダイビングでパラシュートが開く前の時速約200キロでの落下を、専用スーツとヘルメットを着用するだけで体験できる施設は、子供から大人まで年齢を問わず(一部を除く)楽しめるとのこと。
また、お年寄りや障害をもつお子様向けのプログラム、さらには競技フライヤーレベルまで様々なレベルの方にお楽しみ頂けるプログラムを提供予定。

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング