地元の人に聞いてきた!絶対間違いない金沢お土産まとめ - tabico

地元の人に聞いてきた!絶対間違いない金沢お土産まとめ

金沢のお土産といえば、和菓子に工芸品に雑貨に・・・。いざ迷った時に参考になるおすすめの金沢のお土産をご紹介。味はもちろん、五感でも楽しめる和菓子たちをピックアップ。友人や家族へのお土産に是非!

39502 view更新日:2015年01月07日 情報提供:tabico編集部

加賀百万石の文化で磨かれた美味しさは、お寿司や会席料理だけでなくお菓子にも。金沢のお土産にお菓子は欠かせません。
見た目に美しいものから老舗の味まで、いざ買おうとすると目移りするほど種類が豊富なので何かアドバイスがほしくなってしまいます。
そんな迷ったときに間違いない金沢土産をまとめてご紹介!

甘納豆かわむら

ネット販売なし、金沢でしか購入できない上、金沢駅でも入手できない”かわむらの甘納豆”。買うためには、江戸情緒溢れるにし茶屋街にあるお店に行く必要があります。
見た目のかわいさとこだわりの素材で作られる甘納豆の美味しさから、購入しにくいのにかかわらず口コミで大人気。旅行雑誌で必ず取り上げられる金沢を代表するお土産です。

パッケージは、味や商品によって違いとてもかわいいデザイン。素材にこだわった甘納豆は、甘すぎず豆本来の味を感じる優しい味。防腐剤を使っていないので賞味期限が気になりますが、それぞれ真空パックで密封されているので、開封しなければ1ヶ月程度日持ちします。(商品により異なりますので、詳細は店内スタッフにお尋ねください。)
種類は、大納言小豆、金時豆、ひよこ豆、うずら豆、大豆、黒豆などなど、たくさんの種類があります。また、甘納豆以外のブラッドオレンジの糖菓子や期間限定の芋、栗など、甘納豆とは一味違った味も。

創業2004年の金沢の新土産。にし茶屋街に溶け込む町屋デザインのスタイリッシュな店舗。

2015年北陸新幹線開通にあわせて甘納豆かわむらのカフェが登場!

北陸新幹線に合わせて開業予定の『かわむら茶房』

大人気甘納豆かわむらのカフェが2015年登場予定。
一足お先に販売店の2階に準備中のカフェ店内の撮影をさせていただきました。ただでさえ人気のお店が、カフェでどんなメニューを提供するのか。人気のスポットになること間違いなしのかわむらに今後も注目です。

中田屋 金沢百番街店

金沢定番の土産、中田屋の銘菓きんつば。
”きんつばといえば中田屋、中田屋といえばきんつば”と親しまれ、その味はしっかりとした味わいで甘すぎない優しい味です。

中田屋のきんつば

手作業でひとつひとつ丁寧に焼き上げられたきんつばは、手で割ると中から粒がそろった艶やかな大納言小豆のつぶ餡が!ふっくらとした仕上がりで食感はとてもやわらで、しつこくない甘さはついつい手が出てしまう美味しさです。
ひがし茶屋街にある中田屋では、能登大納言を使ったできたてのきんつばをいただくこともできます。

きんつばの他にも、きんつばと同じ大納言小豆を使用した鍔もなかやなめらかな口あたりと奥ゆかしい甘さが魅力の羊羹なども人気です。

お土産探しに便利な百番街店

金澤 烏鶏庵

石川県金沢市にある自社農場で育った天来烏骨鶏(てんらんうこっけい)。
その天来烏骨鶏から産まれた卵で作った烏骨鶏かすていらは、卵の濃厚な味わいと、きめ細やかさが存分に引き立っています。素材だけでなく、1本1本丁寧に焼き上げたかすていら。お菓子の街金沢で誕生した新しいお土産です。

人気のカステラ

金沢の山中の広大な竹林で飼育された烏骨鶏は、非常に丹念に飼育され純度が高く天来烏骨鶏といわれています。
あまりにも人里離れた宅配便業者さえ来ない地でスタートしながらも、探究心の積み重ねによって完成した烏骨鶏のお菓子は口コミで人気のお土産に。
カステラのほかに、プリンやバームクーヘン、ラスクなどを、お土産に最適な大きさで販売しています。

濃厚な烏骨鶏プリン

観光で立ち寄りやすいひがし茶屋街にある東山店。ほかにも百番街や香林坊などにも店舗があります。

烏鶏庵の観光情報

2.50大人気スイーツの「かすていら」が有名なスイーツ店

住所
:石川県金沢市西念4丁目22
営業時間
:9:30~19:00

俵屋 じろあめ

人気ドラマ半沢直樹で登場したことで一躍知名度がアップした『じろあめ』。その歴史は古く、創業天保元年百八十余年の老舗で金沢で一番古い飴屋です。
俵屋の飴は、創業のころの初代次右衛門が、乳飲み子を抱えながらも母乳が出ず困り果てていた母親たちを見て、母乳代わりになる栄養価の高い食品はないかと考えた末に作り上げたのがはじまりとされています。

”百万石の城下町金沢の歴史とともに生き続けてきた、この食文化をしっかりと守りたい”
そんな思いで今もなお、あめづくりを続けています。
 

俵屋の代表的なあめ、『じろあめ』は、水あめ状のやわらかいあめ。。お米と大麦だけで作り、お砂糖や添加物は一切使っていません。
優しい甘みが口いっぱいに広がります。また、そのまま食べずにみりん代わりに料理に使うことも。
本店ほか、金沢駅百番街でも購入することができます。

情緒ある雰囲気の俵屋本店(金沢市小橋町2-4)

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング