人気スポットを攻略!夏の北海道2泊3日ドライブの旅 - tabico

人気スポットを攻略!夏の北海道2泊3日ドライブの旅

壮大な山並みが緑に包まれ、大地に花々が咲き誇る夏の北海道は、まさにドライブのベストシーズン。大自然の息吹を感じながら車を走らせれば、日頃のストレスも吹き飛ぶような爽快感を味わうことができるのです。今回は、道南の人気スポットを車で巡る2泊3日のおすすめプランをご紹介します。

7414 view更新日:2014年07月18日 情報提供:tabico編集部

道南の人気スポットを車で攻略!

広い北海道を効率よく観光するためには、なんといっても車が便利。とくに、爽やかな気候が続く夏のシーズンは、心地よい大地の風を感じながら巡るドライブ旅行がおすすめです。今回は、“乗り捨てOK”のレンタカーを利用して人気スポットを巡る、3日間の道南ドライブをナビゲート!

1日目

<主な目的地と移動距離/時間>
旭川空港
↓(約14㎞/約25分)
旭山市旭山動物園
↓(約28㎞/約45分)
美瑛の丘周辺
↓(約24㎞/約40分)
ファーム富田(富良野)
↓(約124㎞/約2時間45分)
札幌市街

9:30頃  旭川空港周辺でレンタカー調達

北海道のドライブ旅行へは、旭川空港から入るのがポイント。新千歳空港周辺からスタートするよりも、人気スポットを効率よく押さえられます。

10:30頃  「旭川市旭山動物園」で動物たちと触れ合う

まず、訪れたいのは“行動展示”で話題の「旭川市旭山動物園」。旭川空港から車で30分程なので、アクセス的にも最初に立ち寄りたいスポットです。

人気の「ほっきょくぐま館」「ぺんぎん館」「あざらし館」や、2013年11月オープンの最新施設「きりん舎」「かば館」も要チェック。園内は広々としているので、のんびりとした気分で動物たちと触れ合うことができます。また、動物たちがエサを食べる様子を間近で見ることができる「もぐもぐタイム」も必見。実施時間を掲示板などであらかじめチェックして、効率よく園内を楽しもう。

水槽を泳ぐペンギンやアザラシの姿を、至近距離で見られるのがこの動物園の魅力!「もぐもぐタイム」では、飼育員が動物にエサを与えながら行動や習性について説明してくれる。

キリンのほか、カバ、チンパンジー、レッサーパンダなども行動展示を楽しめます。

かわいいぬいぐるみが買える売店や、園内を眺めながらランチやティータイムを楽しめる「モグモグテラス」もおすすめ!

(「旭川市旭山動物園」データ)
料金/大人(高校生以上):800円 小人(中学生以下):無料
動物園パスポート:1,020円(最初の利用日から1年間有効)
駐車場/700台 *2014年8月9日~8月15日は21:00まで「夜の動物園」を開催(入園は~20:00)。

旭山動物園の観光情報

3.14行動展示を実施して一躍有名になった動物園

住所
:北海道旭川市東旭川町倉沼
電話番号
:0166-36-1104
営業時間
:4月下旬~10月中旬:9:30~17:15(16:15)/11月初旬~4月初旬:10:30~15:30(15:00)

13:30頃 「美瑛の丘」の絶景ドライブを満喫!

十勝岳の山裾に広がる丘陵地帯「美瑛の丘」は、この季節には絶対ハズせないドライブポイント。広大な農地が折り重なり、色とりどりの花が大地を彩る風景は、思わず息を呑むほどの絶景です!

国道237号線を挟んで北西側は「パッチワークの路」、南東側は「パノラマロード」と呼ばれ、CMなどで有名になった景観を車に乗りながら堪能することができるので、時間の許す限りのんびりとドライブを楽しみたい。また、ぜひ立ち寄りたいのが、神秘的な水の色が話題の「美瑛 青い池」。起伏のある直線道路が約4㎞も続く「ジェットコースターの路」も、要チェック!

CMで一躍有名になった「ケンとメリーの木」は、「パッチワークの路」から望めます。

田園や花畑の美しさを堪能したいなら「パッチワークの路」、広大な丘陵風景を楽しみたいなら「パノラマロード」へ。

美瑛川の防災工事で突如、出現したという「美瑛 青い池」。枯れ木に覆われた水面の青さが、幻想的な風景を演出。

まっすぐな道が地平線のかなたまで続く「ジェットコースターの路」も、北海道ならではドライブロード。

美瑛の丘の観光情報

2.50四季折々の色彩を見せる、絵のような景色

住所
:北海道上川郡美瑛町
電話番号
:0166-92-4378

15:30頃  「ファーム富田」でラベンダー畑を眺めながらティータイム

夏の北海道と言えば、ラベンダーも見逃せない! 美瑛から富良野に向かう国道237号沿線は、通称「花人街道」と呼ばれ、7月上旬から8月中旬に見ごろを迎えるラベンダーの花畑が、あたり一面に広がっています。

そんな美しい風景を眺めながら車を走らせたら、ラベンダー観光の発祥地として人気の「ファーム富田」でひと休み。おすすめは、ラベンダー畑を一望できる「ポプリの舎」2階のテラス席。「ラベンダーはちみつプリン」など、ここでしか食べられないスイーツを味わいながら、この季節にしか見られない景色を、しっかりと目に焼き付けよう。

「ファーム富田」の園内には、4月上旬から10月上旬まで様々な花を楽しめる7つの花畑が。

ラベンダーをはじめ、色とりどりの花が咲き誇る花畑が目の前に広がる「ポプリの舎」のテラス席。

ラベンダーの香りが楽しめるスイーツが大人気! (写真左から)「ラベンダーはちみつプリン」320円、「ラベンダーカルピスゼリー」250円、「ラベンダーラムネ」210円 *価格は全て税込。

売店には、お土産にしたいラベンダーグッズがたくさん。(写真左から)「アイピロー」950円、「ラベンダー透明石けん」500円、「ティータイム」(ハーブティーのセット)300円、「ラベンダー切花」1束150円(期間限定)*価格は全て税別。

営業時間/8:30~18:00(5・6・9月は~17:00、10・11月は9:00~16:30、12~4月は9:30~16:30)
定休日/無休
料金/入園料無料
駐車場/220台

ファーム富田の観光情報

2.50お花畑で北海道の四季を満喫

住所
:北海道空知郡中富良野町基線北15号
電話番号
:0167-39-3939
営業時間
:7・8月:8:30~18:00/5・6・9月:8:30~17:00/10・11月:9:00~16:30/12・1・2・3・4月:9:30~16:30(花人の舎)※時季により変更する場合あり

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング