日本初進出のデザインホテル「アロフト」で"ネオ銀座"なステイを - tabico

日本初進出のデザインホテル「アロフト」で"ネオ銀座"なステイを

131 view更新日:2020年10月14日 情報提供:マイナビニュース

マリオット・インターナショナルのライフスタイルブランド「アロフト(Aloft)」が日本に初進出。サンケイビルと共同で開発を手掛けた「アロフト東京銀座」が10月1日に開業した。"ネオ銀座"が感じられる館内に足を踏み入れた。

「デザイン」が主役のホテル

ホテルが位置するのは、銀座六丁目、みゆき通りと昭和通りの交差点。地上16階建で、スイート4室を含む全205室の客室を擁する。

アロフトは現在世界で25以上の国と地域に175軒以上のライフスタイルホテルを展開しており、「Different. By Design. (デザインでの差別化)」をブランド哲学としている。日本に初進出したこのホテルでも、注目はやはりデザイン。

エントランスを抜けると、ロビーラウンジの個性的なインテリアやアートが目に飛び込んでくる。

館内にはいたるところにアートが仕掛けられており、訪れる人に刺激を与えてくれる。フォトスポットとしても楽しめそうだ。

客室はミニマムかつ機能的でありながらも、大胆なアートが施された心躍る空間。

また、館内には屋上階にルーフトップバー「Roof Dogs」、2階にオールデイダイニング「The WAREHOUSE」、1階にバー「WXYZ Bar」も。宿泊者以外も利用できるので、気軽に訪れてみたいスポットだ。

WXYZ Barで定期的に開催されるライブ・コンサートシリーズ 「Live@Aloft」もこのホテルの大きな特徴。開業時に収録した0号ライブ映像がYouTubeで公開されているのでそちらもぜひチェックしてほしい。

新世代のための都会的なステイを、銀座の地で。刺激に満ちた特別な体験になりそうだ。

※価格は税・サービス料別

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング