"ディズニーロス"の解消法、教えます 第2回 ディズニーの「チュロス」をおうちで作る【動画あり】 - tabico

"ディズニーロス"の解消法、教えます 第2回 ディズニーの「チュロス」をおうちで作る【動画あり】

83 view更新日:2020年05月24日 情報提供:マイナビニュース

みなさま、こんにちは。吉田よしかです。新型コロナウィルスの影響により、ご自宅で過ごされる時間も長くなっているこの時期、Disney Parks Blog(英語)が、カリフォルニアとフロリダのディズニーパークで人気のシナモンシュガーチュロスのレシピを公開しました。そこで今回はディズニーパークの定番スイーツ「チュロス」を実際に作ってみましたのでレシピをレポートいたします。

ディズニーチュロスの作り方

【用意するもの】
〇材料
水:240cc
バター:98グラム
塩:小さじ4分の1
シナモン:小さじ4分の3(別々に分けて使います)
中力粉:150g(薄力粉と強力粉を75gずつでもOK)
卵:3個(植物油またはキャノーラ油 360cc)
砂糖:100g

〇調理器具
ボウル

木べら
ゴムベラ
両面クッキングシート
キッチンペーパー
バット
測り(デジタルスケール)
ふきん

【作り方1】まずは生地づくり

水、バター、塩、シナモンを中火にかけた鍋に入れて一煮立ちさせます。

弱火にしたら、中力粉を追加。木ベラでまんべんなく固まるまで混ぜ、火から下ろしたら5~7分、ふきんの上に鍋を置いて生地を休ませます。

卵を1個ずつ加えてかき混ぜ、生地をまとめます。

※今回は卵を1個ずつ入れましたが、卵は生地に混ぜる前に、溶いてから3回に分けて入れたほうが分離せずしっかり混ざるそうです

生地がまとまってきたら、最後はゴムベラを使ってツヤが出るまで混ぜます。

【作り方2】生地を好みの形に成型

フライパンまたは鍋に油を入れ、170℃にしておきます。

生地は星形の金具をつけた絞り袋に入れます。
※絞り袋の口金は必ず星型にすること。丸形だと空気が入り生地が破裂してしまう可能性があるので要注意

金具と絞り口の隙間から生地が出てこないように、絞り袋の留め金部分の上をくるっと一回ねじってから生地を入れます。

チュロスの生地は直接油の中に入れると形を作るのが難しいため、いったんクッキングシートの上で形成することがおすすめです

【作り方3】油で生地をこんがり揚げる

チュロスの形が崩れず、綺麗に作れるよう、熱した油にクッキングシートごと入れて揚げます。

チュロスと紙が自然とはがれてきたら紙だけ取り除き、静かにひっくり返しつつ、
きつね色になるまで揚げてキッチンペーパーの上に取り出します。

【作り方4】揚げた生地にシナモンを振りかけたら完成

揚げたチュロスをバットなどに入れ、砂糖とシナモンでコーティングしたらできあがり!

分量は、お召し上がりになる人数により3分の1に減らすなどお好みで調整してください。

モデル:服巻佳奈
撮影協力:日本橋室町IPPON

○吉田よしか(よしだよしか)
東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ「吉田さんちのディズニー日記」は1日平均50万PVを誇る。

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング