ディズニークリスマス、スペシャルなハーバーショーとグルメを徹底的にご紹介 - tabico

ディズニークリスマス、スペシャルなハーバーショーとグルメを徹底的にご紹介

692 view更新日:2018年12月17日 情報提供:マイナビニュース

みなさま、こんにちは! 吉田よしかです。今回は、ロマンティックなクリスマスを過ごせる東京ディズニーシーのクリスマスフードや新しく始まったスペシャルなハーバーショー、そしてディズニーホテルのスペシャルグルメなどをたっぷりとレポートします。

懐かしの名曲に感涙! 生歌やラインダンスで心おどる「イッツ・クリスマスタイム!」

今年初開催のハーバーショー「イッツ・クリスマスタイム!」は、シンガーの生歌と、ダンサー&キャラクターのラインダンスなど、見どころいっぱいのスペシャルなクリスマスライブエンターテインメントです。東京ディズニーシーで以前行われていたクリスマスのショー「ハーバーサイド・クリスマス」そして「キャンドルライト・リフレクションズ」に使用されていた“神曲”と名高い「ウェルカム・トゥ・クリスマス」を聴けることでも話題になり連日大盛況のハーバーショー。1日2回公演しています。

観賞するには、まず「抽選」必至! まずはスマホにアプリを入れよう

口コミでも「素晴らしいクリスマスのショー」「何度でも見たい!」と大好評のイッツ・クリスマスタイム! ですが実はこのショーを見やすい場所で観賞するためには抽選が必要。抽選場所のビリエッテリーア(下の地図内★印の場所)で抽選を行えるほか、ご自身のスマートフォンに『東京ディズニーリゾート抽選アプリ』をインストールすることにより抽選会場に行かずともその場で抽選が出来るようになりました。これは並ぶ手間も省けてかなり便利なので是非とも活用しましょう。

抽選に当たらなかったときはどうする? 観賞場所のポイントは?

残念ながら抽選に外れてしまった場合、小学校6年生までのお子様がいらっしゃる場合は
「ファミリーエリア」の用意があります。ショー開始90分前には所定の場所で待機が必要ですがお子様と同伴の保護者もファミリーエリアでの観賞が可能です。

お子様同伴ではない場合、黄色く色をつけたゾーンでの観賞が可能。ヴィラ・ドナルド・ホームショップ付近のスロープからは、ステージが真横になりますが、キャラクターやダンサーが近くを通るので開園と同時に列が埋まるほど人気の場所です。ここで観賞する場合は、午前中から2時間以上待機する必要があるのでレジャーシートなどを用意して待機しましょう。

ミッキー広場にあるステージを抽選エリア外より観賞する場合は、広場付近にあるインフォメーションボード(アトラクションの待ち時間が書いてあるボード)付近から観賞すると斜めからにはなりますがステージが比較的見やすいのでおすすめの場所です。

ザンビーニ・ブラザーズ・リストランテ付近のステージではミッキーマウスとミニーマウスがハンドベルを演奏するシーンが見られるため人気が高いエリアでもあります。
ここでショーを見たい場合は、横にある階段付近で待機すると、高低差がある分比較的ステージが見やすい傾向にあります。

ショーも観られて食事も堪能! Wで楽しめるホテルミラコスタでのクリスマスタイム

東京ディズニーシー・ホテルミラコスタのレストラン「オチェーアノ」そして「シルクロードガーデン」は食事をしながら「イッツ・クリスマスタイム!」などのハーバーで開催されているショーを専用テラスで観賞することができるスペシャルな特典付きのレストラン。

今回は、本格的な中国料理が楽しめる「シルクロードガーデン」のクリスマスメニュー全6品の中からピックアップした4品をご紹介します。
『シルクロードガーデン』"ディズニー・クリスマス"ランチコース

価格:4,200円
販売期間:2018年11月1日(木)~12月25日(火)
季節の前菜盛り合わせ――グラスに入っているクラゲといくらの盛り合わせは雪の結晶をモチーフにした卵白シートがとってもキュート。他には焼豚や練乳マヨネーズソースのかかったシュリンプ、照り焼きジュレのかかったチキンロール、軽く炙ったビンチョウマグロなどが並び、ツリーに見立てたシュウマイの皮はクロレラで色付けした可愛らしい一品です。

黒酢の酢豚 揚げ花巻添え――豚肉を黒酢とシャンタン出汁に漬け込んでから揚げてあり、さらのその漬け汁をソースに使い、旨味を凝縮させています。添えられた揚げ花巻は外がさくさく、中がもっちり。ソースとからめていただきましょう。

帆立貝とイカの梅紫蘇炒飯――クリスマスカラーのイメージをしたチャーハンはほうれん草と梅じそのピューレが入り、カットした大葉と赤パプリカがベストマッチ。
大葉のおかげで、脂っぽくなく口当たりさっぱりといただけます。

杏仁風味の三種のデザート盛り合わせ――下(白い部分)が杏仁豆腐、真ん中がマスカルポーネクリームを使った杏仁風味のプリン+抹茶パウダー、上が杏仁風味のアイスクリーム。こう書くだけでもまさに「杏仁づくし!」のスペシャルデザート。杏仁風味のホイップでクリスマスツリーをイメージし木苺+フルーツのソース+ナッツ(ピスタチオ)で香ばしさを演出しています。

また、このコースをオーダーすることで前述した「イッツ・クリスマスタイム!」をレストランの専用テラスから観賞する事が可能。ゆったりとお食事を楽しみつつショーも観賞出来る、まさにWで嬉しい時間を過ごせます。

パークフードも魅力いっぱい。今年から新登場の味も食べ逃しなく!

ホテルメニュー同様魅力的なのがパーク内で食べ歩きの出来るスナック各種。東京ディズニーシーのアメリカンウォーターフロントにある「ハドソンリバー・ハーベスト」では、ハーブの香りがたつチキンに、とろりと溶けたチェダーチーズソースのハーモニーが抜群の「ローストチキン&ベイクドポテトのチーズソース」(500円)に、寒い冬の強い味方「ホットアプリコットカクテル」(680円)の組み合わせがおすすめ。

同エリアにある「リバティ・ランディング・ダイナー」で提供中の「BBQポークライスロール」(500円)は、パークの食べ歩きメニューとして定番人気の「ポークライスロール」をアレンジし、てりやきソースに代わりバーベキューソースに絡めた一品。濃いめのバーベキューソースが好きな方は是非お試しを。なお、通常の「ポークライスロール」は東京ディズニーランドのウエスタンランドにある「ペコスビル・カフェ」で提供中なのでオリジナルの味がお好みの方はそちらもチェックしてみてくださいね。

食べ放題? ゴージャスなコース? 東京ディズニーランドのレストランも見逃せない!

東京ディズニーランド前にそびえ立つ『東京ディズニーランドホテル』のレストランでもクリスマスメニューを提供中。今回はオリジナルの創作料理を堪能できる「エッセンス・オブ・スタイリッシュキュイジーヌ カンナ」とブッフェレストラン「シャーウッドガーデンレストラン」からスペシャルなクリスマスメニューをご紹介いたします。
至高のメニューを堪能!大切な人と一緒に特別なクリスマスを

まずは、ホテル一階にある、入り口からしてゴージャスな「エッセンス・オブ・スタイリッシュキュイジーヌ カンナ」のクリスマスディナーから。

『エッセンス・オブ・スタイリッシュキュイジーヌ カンナ』"ディズニー・クリスマス"ユールタイド
価格:1万2,000円
販売期間:2018年11月1日(木)~12月25日(火)
提供時間帯:ディナー
山椒香る白レバーのパテとパンデピス 菊芋とリンゴのポタージュ
柚子の香るイセエビの冷たいスフレ 春菊のクーリと共に
若芽の餡をかけたトコブシとレンコン餅 ニラのアクセント
トリュフの香る 甘鯛とズワイガニの白菜包み 湯葉の豆乳ブレゼとビスクソース
京都産合鴨のロースト オレンジともろみ味噌のクルート ビガラードソース
 ☆別途3,000円で「和牛テンダーロインのグリル 大黒本シメジのソテーとお麩のグラタン たまり醤油とエシャロットのソース」に変更できます。
 ☆別途5,000円で「和牛テンダーロインのパイ包み焼き 芳醇なペリグーソースとスポイトに入れたグリオットピュレと共に」に変更できます。
シュクレスフレのフレジェ タイベリーのソルベを添えて

前菜「柚子の香るイセエビの冷たいスフレ 春菊のクーリと共に」。クリスマスプレゼントのボックスに見立てた、イセエビの芳醇な香りが漂うスフレはさっぱりした中にも濃厚な味わいが楽しめる一品。スフレの下にある春菊のソースを絡めてどうぞ。春菊の香りがふわんっと鼻に抜ける感じがたまりません!

メインのお肉は「京都産合鴨のロースト オレンジともろみ味噌のクルート ビガラードソース」。ぶ厚くカットされた合鴨は、中にほんのり火が通った絶妙な焼き具合。シェフがデコレートしてくれるビガラードソースにからめていただきます。

ちなみにメインのお肉料理は、別途3,000円で「和牛テンダーロインのグリル」に変更でき、別途5,000円で「和牛テンダーロインのパイ包み焼き 芳醇なペリグーソースとスポイトに入れたグリオットピュレと共に」に変更することができます。

今回は、「和牛テンダーロインのパイ包み焼き 芳醇なペリグーソースとスポイトに入れたグリオットピュレと共に」をご紹介。付け合わせにトリュフが添えられているあたり、もう見た目からしてゴージャス!

シェフより仕上げとしてソースをかけていただいたら、いよいよ実食。

パイにナイフを入れると、中から肉汁があふれ出し、ポルチーニ茸の香りがぱぁ~っと広がっていきます。スポイトに入っているのはグリオットをピュレ状にしたソース。シェフ曰わく「パイの上からかけてもいいのですが、ソースを注入してからパイをカットすると、味が全体に行き渡るのでおすすめ」とのこと。お好みで味変に使うのも楽しいですね。

牛フィレの他に豚レバーやポルチーニ茸が入り、香り付けにレミー・マルタン(ウィスキー)赤ワイン、フォン・ド・ボーなども入っていて、まさに「至高の味わい」を堪能できる一品。別途5,000円支払っても、このメニューに躊躇なく変更するゲストが多いのも納得です。

デザートは「シュクレスフレのフレジェ タイベリーのソルベを添えて」。スプーンをさした瞬間、サクッという感触とともに飴細工が崩れ、中からクリームがとろけ出てきます。このデザートはサクッとした食感がとても美味しいのでなるべく早めにいただくのがベスト。飴細工が口中でほろほろとくずれていく食べ応え、たまりません!

続いてご紹介するのは、東京ディズニーランドでブッフェがいただける『シャーウッドガーデン・レストラン』。

"ディズニー・クリスマス"ランチブッフェ/ディナーブッフェ
販売期間:2018年11月1日(木)~12月19日(水)
ランチブッフェ価格:大人(13歳以上)4,000円、中人(7~12歳)3,000円、小人(4~6歳) 2,000円、
ディナーブッフェ価格:大人(13歳以上)5,000円、中人(7~12歳)3,500円、小人(4~6歳)2,500円

メニュー一例

ミートローフとキノコのタルト ショロンソース(ランチのみ)
魚介の冷製 ロブスタージュレ添え(ディナーのみ)
カリフラワーのブランマンジェ 蟹ミソソース
冷製カペッリーニ イカ墨ソース
スモークサーモンのシトラスサラダ
ポークスペアリブの紹興酒煮
ストロベリークリームブレッド
キャラメルチョコチップパン
ラズベリーとマンゴーのムース
レモンとジンジャーのヴィネガーゼリー
ピスタチオムース

毎年、クリスマスシーズンになるとよりメニューが華やかになるシャーウッドガーデン・レストランのブッフェですが、今年は35周年の節目という要素も加わり、ゴージャスさが更にパワーアップ。クリスマスのベルをモチーフにした「ストロベリークリームブレッド」をはじめシャーウッドガーデン・レストラン内で毎回手作りをしているディナー限定デザート「フォンダン・ショコラ」、甘辛く煮付けた豚の角煮を乗せたどんぶりに、もはやレストラン名物とも言える「あんかけ焼きそば」など美味しく楽しいメニューが目白押しです。どれも大変美味しいので、目移りしてしまいますが、ここはおなかの許す限り「お好きなものをお好きなだけ」お召し上がりください!

筆者おすすめはずばり、デザートの「フォンダン・ショコラ」。

レストランで丁寧に手作りしているため、コーティングしてあるチョコレートが口の中でとろけます。上にデコレートされたチョコレート包みの無花果は早い者勝ち!? 胡桃と一緒に食べると更に風味が増すので、ぜひともご笑味くださいね。

吉田よしか(ヨシダヨシカ)

東京ディズニーランドが開園した1983年以降、30年以上に渡りパークに通い続けているディズニーの達人。年間300日以上パークに足を運び、最新情報やディズニー関連情報などを毎日紹介するAmeba公式ブログ『吉田さんちのディズニー日記』は1日平均50万PVを誇る。

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング