いつも側には駅ナカグルメ 第11回 故郷が恋しくなる長野駅「駅そば 裾花郷」で2万2,000匹のうさぎに囲まれて - tabico

いつも側には駅ナカグルメ 第11回 故郷が恋しくなる長野駅「駅そば 裾花郷」で2万2,000匹のうさぎに囲まれて

22 view更新日:2018年07月10日 情報提供:マイナビニュース

JRに長野電鉄、しなの鉄道が乗り入れる県内最大のターミナル駅・長野駅。北陸新幹線も開通し、乗客の往来も日増しに増えてきている大きな駅だ。さすがは信州そばの本場とあって長野駅には立ち食いそば屋が多く、改札内外合わせると8つのそば屋がある。それぞれ店舗やメニューに特徴があるのが面白く、食べ比べるのも楽しい。

唱歌「故郷」の故郷ゆえに

長野県の駅にある立ち食いのそば屋で興味深いのは、ゆで時間が3分かかる生麺の「特上」と、さっと湯通しする茹で麺の「駅そば」が選択できる店が多いことだ。急いでさっと食べたい時には「駅そば」、じっくり味わいたい時には「特上」と、メニューを選べるのもそば処の長野ならではだ。

そんな駅そば天国の長野駅で、ひときわ個性的な立ち食いそば屋がある。飯山線のホームにある「駅そば 裾花郷」は、赤と黒を基調とした洒落たツートンカラーの外観の立ち食いそば屋だ。店に入ると、なぜか壁という壁に貼られたうさぎ柄の2円切手が出迎えてくれる。その数はなんと2万2,000枚。なぜ2円切手が貼られているのかというと、実はあの有名な歌がモチーフとなっているのだという。

「うさぎ追いしかの山~♪」のフレーズで始まる唱歌「故郷」を作詞した高野辰之が、このそば屋のある飯山線の沿線にある中野市出身ということで、店内をうさぎグッズで飾ることにしたのだという。この切手壁紙以外に、昭和26(1951)年に発行された元祖うさぎ柄の年賀切手や、島根県にある鵜鷺郵便局のハガキなどマニアックなグッズが展示してあり、うさぎグッズを見ながらそばが食べられるのだ。

"特上"でもワンコイン以下

店には「信州鹿肉そば」(特上720円、駅そば680円)や「かもそば」(特上500円、駅そば460円)など、長野らしいメニューもそろうが、今回はそばの風味を楽しめる「特上もりそば」(430円)を注文。のどごしのいいコシのある麺と、醤油の利いたつゆの相性は抜群で、この価格で本格的なそばが楽しめる。

故郷に帰る人、故郷を離れる人。この立ち食いそばで、うさぎに温かく見守ってもらいながら故郷を想い、そばをすすってみてはどうだろうか。

※価格は税込

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング