京都丹後に体験型リゾート「シエナヒルズ」7/21誕生--大自然グランピングも - tabico

京都丹後に体験型リゾート「シエナヒルズ」7/21誕生--大自然グランピングも

21 view更新日:2018年07月10日 情報提供:マイナビニュース

にしがき マリントピアリゾートは7月21日、体験型リゾート「Siena Hills(シエナヒルズ)」(京都府宮津市)をグランドオープンする。

同施設がオープンする京都丹後は、数々の神話や昔話が宿る地であり、漁業、農業、酒蔵など地域に根伝いた伝統的な暮らしや歴史・文化が数多く残っているエリアであるという。

同施設のコンセプトは「Good old days & Good new days ~懐かしいと新しいが融合する地・奥京都~」。京都丹後が潜在的に持つ懐かしさと、近代的な新しさを融合させることで、京都丹後の真の魅力を楽しんでほしいという思いが込められているとのこと。

宿泊施設は、別荘感覚でプライベート空間も満喫できるヴィラ「マリントピア・ザ・スイート」 と、大自然の中でグランピングが楽しめる「グランドーム京都天橋立」の2タイプを用意した。

「マリントピア・ザ・スイート」は全10棟で、スイート3棟、スタンダード7棟で構成している。全室、バーベキューもできるプライベートガーデンおよびプライベートプール付き。室内にはキッチンもあり、好きな食材を持ち込み調理ができる。専用のドッグランを整備し、ペット同伴による宿泊が可能なクラスも用意した。

また、同社が運営する姉妹施設から出張料理がオーダーできるオプションも用意した。新鮮な魚介、自家農園で栽培している無農薬野菜を使った料理などを取りそろえる。

宿泊料金(ルームチャージ・食事なし料金)は、「デラックススイート(1棟)」が15万8,000円~24万8,000円。定員6名(最大定員10名)。「スイート・ドッグ(1棟)」が、15万3,000円~24万3,000円。定員6名(最大定員10名)。

「スイート(1棟)」が14万8,000円~23万8,000円。定員6名(最大定員10名)。「スタンダード・ドッグ(1棟)」が、7万8,000円~12万8,000円。定員6名(最大定員10名)。

「グランドーム京都天橋立」はテント全12張。玉ねぎ型テントの「ロータスベルテント」(3張)、「ドームテント」(8張)、サイズ違いのドームテントを結合させた「TRIPLE BASE 」(1張)を用意した。テントごとに「北欧」「西海岸」「ブルックリン」などのテーマをもうけたインテリアデザインを施している。

「ドーム型テント」は、テントの一部がスケルトン仕様になっているため、テント内からは大自然のパノラマビューを眺めることができるという。各テントに併設されたデッキでは、バーベキューのほか、夜はキャンプファイヤーも楽しめるとのこと。空調、シャワーも完備している。

宿泊料金(ルームチャージ・食事なし料金)は、「TRIPLE BASE(1張)」が4万6,000円~8万6,000円。定員4名(最大定員6名)。「ドーム型テント(8張)」は、3万8,000円~7万4,000円。定員4名(最大定員6名)。「ロータスベルテント(3棟)」は3万5,000円~7万1,000円。定員4名(最大定員6名)。

両施設とも、食材以外の宿泊環境は完備しているため、手ぶらで気軽に訪れることができるという。また、宮津日置に湧き出る源泉温泉「金温泉」(引湯)の貸切風呂も利用できる。

同施設の裏手の世屋川は、流れがおだやかな渓流で、ニジマスや鮎などの川魚が下流に泳いでくることもあるとのこと。チャペルもあり、挙式も可能だという。

※価格はすべて税別

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング