スヌーピーがいっぱい! 日本初「ピーナッツホテル」の世界を神戸で見てきた - tabico

スヌーピーがいっぱい! 日本初「ピーナッツホテル」の世界を神戸で見てきた

40 view更新日:2018年07月09日 情報提供:マイナビニュース

異人館が建ち並び異国情緒が漂う兵庫・神戸北野の玄関口に8月1日、「PEANUTS HOTEL(ピーナッツ ホテル)」がグランドオープンする。スヌーピーをテーマにしたデザインホテルは日本初となる。今回は、スヌーピーがいっぱいの「ピーナッツ」の世界にご案内しよう。

全18室全て異なる"コミック"がコンセプト

神戸の中でも観光客に人気高い北野エリアに完成したピーナッツホテル。各線「三宮駅」から徒歩約7分、新幹線の「新神戸駅」からも徒歩約12分という好立地で、異人館を望む北野坂近くの幹線通り沿いにある。

ホテルの客室は全18室。4階から6階までの3フロアを「IMAGINE(4階)」「HAPPY(5階)」「LOVE(6階)」に分け、全ての部屋に異なる"コミック"がコンセプトとして掲げられている。友情や恋、人生哲学など、子どもから大人まで共感できるピーナッツのストーリーが見事に表現されている客室には、ファンならずとも感性が刺激されることだろう。

どの客室も、ユニークで深いピーナッツの魅力を存分に感じられる。旅の気分に合わせて客室を選べば、その世界観により一層浸ることができるだろう。何度訪れても飽きさせないユーモラスな創意工夫が光っている。

それぞれの客室にはシャワーとトイレが備えられており、装備としてテレビや冷蔵庫、金庫、電気ケトル、ドライヤー、そして、無料Wi-Fiにも対応している。無料の水がスヌーピーデザインの「KOBEウォーター」なのもポイントだ。なお、パジャマ等の部屋着は用意がないため、忘れずに持っていくようにしよう。

中でも目玉なのが、スヌーピーと鳥たちのコミックをイメージした「Special Room61」。客室は14平方メートルから展開しているが、この客室は最も広い31平方メートルを有しており、バスタブを備えているほか、テラスまである豪華さは目を見張る。スヌーピーをモチーフにしたモノトーンを基調に、スヌーピーがたっぷり味わえる特別な一室だ。

テイクアウト専門のカフェにグッズも勢ぞろい

そして、1階にはカフェ「PEANUTS Cafe 神戸」が、3階にはダイナー「PEANUTS DINER 神戸」が、それぞれ併設される。こちらの空間は宿泊客以外も利用できるので、神戸観光のひとつのスポットとして利用するということも可能だ。

「PEANUTS Cafe 神戸」は、ブランドコンセプトである"西海岸コンフォートフード"をテーマにしたテイクアウト専門のカフェスタンド。「レモネード」(価格未定)等のドリンクや「ホットドッグ」(価格未定)を気軽に楽しめ、オリジナルアロマシリーズ「Lila」(2,200円~)等のオリジナルグッズをはじめとしたグッズも購入できる。カフェの営業時間は11~23時(L.O.22時)となる。

神戸食材がベースの「ピーナッツ」グルメが目白押し!

3階の「PEANUTS DINER 神戸」も1階のカフェと同様、イメージはピーナッツにゆかりある"アメリカ西海岸"だ。スヌーピーの大好物のピザや、ピーナッツの仲間たちをモチーフにした様々なフードなど、神戸の食材をベースにした色とりどりのメニューが並ぶ。

ダイナー自慢の逸品はピザ。「スヌーピーのマルゲリータ」(1,500円)や「チャーリー・ブラウンのスペシャルパルマ」(2,500円)といったピーナッツのキャラクターをイメージしたピザは、淡路島のミディトマトやバジル、六甲シャンピニオン(マッシュルーム)などを使用しており、神戸の味をぜいたくに堪能できる。ピザは単品のほか、サラダ・スープ・ピザ・デザート・コーヒーor紅茶がセットになった「ピザコース」(2,800円)もある。

また、夜も「メインコース」(4,500円)等、地元食材をふんだんに用いたメニューを展開する。ダイナーの営業時間もカフェ同様、11~23時(L.O.22時)となる。

国内外の観光客を魅了する神戸の新スポットへ

ピーナッツの原作者、チャールズ・M・シュルツがアトリエを構えたアメリカ・カリフォルニア州のサンタローザが醸し出す空気感は、山と海に囲まれ自然が身近な神戸の街並みと重なるという。日本のみならず、世界中に熱烈なファンがいるスヌーピー。インバウンド需要に沸く関西において、神戸は大阪・京都に続けるか、その起爆剤となりえるピーナッツ ホテルのこれからに注目したい。

1室あたり料金3万円からとなり、料金には「PEANUTS DINER 神戸」での朝食も含まれている。客室の広さは14平方メートルから、定員は大人1~2人(12歳未満は1ベッドにつき1人まで添い寝可。添い寝の子どもの朝食は別途オプション購入でひとり1,500円)。ベットはダブルとツインの2タイプあり、エキストラベッドやベビーベッド、子どものアメニティの用意はない。

客室予約は7月20日より受け付ける。全18室と限られており、予約困難は必至。しばらくは混雑が予想されるため、早めの予約をオススメする。

(C) 2018 Peanuts Worldwide LLC

※価格は全て税別

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング