「メッツァビレッジ」11月開業--ムーミンパーク&北欧の食や自然をフル体験 - tabico

「メッツァビレッジ」11月開業--ムーミンパーク&北欧の食や自然をフル体験

43 view更新日:2018年02月08日 情報提供:マイナビニュース

フィンテック グローバルは2月8日、北欧のライフスタイルを体験できる施設「メッツァビレッジ」(埼玉県飯能市)を11月に開業することを発表した。同施設は、北欧のライフスタイルを体験できる「メッツァビレッジ」(入場料無料)と、ムーミンの物語を主題とした「ムーミンバレーパーク」(入場料有料)の2つのエリアから構成される。

メッツァビレッジは、北欧のライフスタイルを体験できる施設。入場は無料で、日常的に遊びに行くことができる自然豊かな公園機能を維持し、自然を身近に感じられる空間となる。

北欧のライフスタイルや空気感を感じられるようにデザインしており、北欧ブランド雑貨や新鮮な地元野菜、工芸品などのショッピングを楽しめるマーケットや、北欧風の飲食を堪能できるレストラン、ものづくりやアートを通じた「学びの場」ワークショップ、湖面の散歩を満喫できるレンタルボート、季節イベントや様々なブランドや地域によるイベントと、家族や友人同士での多様な体験による良質な時間を過ごすことができる。

マーケットは2階建てで、1階はカフェや食品フロアとなり、様々な地域商材により「活気ある日常」が体感できる。2階は北欧ブランドを展開する複数のテナントがそろい、北欧を旅するように商品との触れ合いを楽しめる。

約10店舗の飲食店が入る2階建てのレストラン・カフェは、湖側にテラスがあったり、テイクアウトができたりと、ゆったり楽しい時間を過ごせる空間となる。また、セレクトショップには、北欧ブランドやアーティストブランドなどが店舗を連なる。こだわりの製品と出会うことができ、表現者と買い手の活発なコミュニケーションが生まれる場となる。

そのほか、たくさんのシーズナルイベントや地域のイベントが開催され、様々なブランドによる期間限定イベントや流行のポップアップストアも展開する。パブリックスペースは、地域のイベントでも活用を視野にいれている。ボート乗り場・桟橋では、カヌーやレンタルボートで豊かな自然に囲まれた湖面の散歩を楽しむことができる。

北欧では年齢にかぎらず生涯に渡って様々なことを学び続ける生涯学習が盛んであることにならい、メッツァビレッジでは、ものづくりやアートを通して「学びの場」を提供する。また、カヌー工房・木工房は木の匠の指導のもと、カヌーや家具などの大きなものから身近な小物まで、木の自然な温もりを感じながら丁寧にものづくりを体験することで、じっくり自分とも向き合える場所を目指す。

一部テナントは決定し、他テナントにつきましても最終交渉の段階となっている。メッツァビレッジ公式サイトは4月下旬に、ムーミンバレーパーク公式サイトは夏以降に、それぞれ公開を予定している。

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング