北千住の昼もディープに食べ歩き! 江戸の宿場町や銭湯に、金八ロケ地も - tabico

北千住の昼もディープに食べ歩き! 江戸の宿場町や銭湯に、金八ロケ地も

54 view更新日:2018年01月11日 情報提供:マイナビニュース

●芭蕉せんべい片手に宿場町通りをゆく
路地に、所狭しと飲み屋が連なる夜の街――北千住を語る際、少なからずそのようなイメージを思い浮かべる人は多いのではないだろうか。しかし、実はここを訪れてみるべきは夜だけではない。散策や食べ歩きも楽しみたい街なのだ。今回は、昼間に歩きたくなる北千住を紹介しよう。

宿場町にロケ地、いろいろ楽しい北千住

北千住(東京都足立区)があるのは、東京都の東側、隅田川と荒川にぐるっと囲まれた地域だ。JR日暮里駅から8分、東京メトロ大手町駅からも15分程度と、アクセスもなかなかいい。

この北千住、いろいろな意味で盛りだくさんなところである。江戸時代の宿場町で、歴史ある建築や古くから続く銭湯も多い。『3年B組金八先生』でお馴染みの荒川の土手に登れば、青春ドラマな気分まで楽しめる。寺社ファンなら七福神の御朱印巡りも数時間でできてしまう。そして言うまでもなく、グルメはオシャレ系、レトロ系、居酒屋系のいずれも豊富だ。ただし、今回は食べ歩きグルメのみを紹介する。

ココも見どころ「千住 街の駅」

街のメインとなっている「宿場町通り」は旧日光街道にあり、かつては江戸から地方への最初の宿場町として栄えていた。『奥の細道』の松尾芭蕉が旅をスタートさせたのもここだ。一瞬戸惑うのは、名前に反して予想外に普通の商店街となっているところなのだが、このあたりは多くの建物が空襲で焼けてしまったというから大目に見よう。

この通りでまず訪れたいのが「千住 街の駅」だ。地味な響きだからといってサラッと通り過ぎてはいけない。ここは見どころのひとつであり、筆者としては、今回の街歩きで一番気に入った場所でもある。

街の駅に入ったら、内部をよくよく見回してもらいたい。「なぜここに?」と思うところに蛇口が付いていたり、壁に業務用の大型冷蔵庫がはめこまれていたりする。実は、ここは大正時代の建築で、以前は魚屋だったという。そして特に改修をすることなくそのまま使っているらしい。街の駅の案内人さんは「まだお皿がたくさん入っているんだよ」と、古い木棚を開けて見せてくれた。

そんなお茶目な街の駅でもらえるのは、無料の街歩きマップ、銭湯マップ、千寿七福神巡りマップなど。そのほか、お土産品も豊富に販売している。足立名物の小松菜や、芭蕉にちなんだものが多いらしい。今回は「芭蕉せんべい(小松菜入り)」(180円/2枚入り)をチョイスしたが、「芭蕉インソール」(3,500円)も高価ながらかなり気になるグッズだった。お金に余裕のある人は、このインソールを購入して果てしなく歩いてほしい。

レトロ建築、そして現代アート!?

北千住には、宿場町通りを中心に老舗や歴史的日本家屋が点在している。かと思えば、不意に現代アートも登場する。しかし、いずれもうまく調和している。ここには、新旧混合の独特な文化があるようだ。

歴史的建築として知られているのは、「横山家住宅」「千住絵馬屋・吉田家」「板垣家」「名倉医院」など。数ある銭湯も歴史的建築と言えるだろう。銭湯はともかく、そのほかは個人の家や医院なので、外観だけそっと拝見しよう。

なぜか、このあたりにはプチプライスな食べ歩きグルメがいろいろある。ここに長くいすぎると、ほかでは暮らせなくなりそうな昭和価格である。続いてはそんなグルメたちを紹介しよう。

●グルメは30円の超プチプラからご褒美ハンバーガーまで
○30~100円!? 価格設定が昭和すぎな食べ歩き

和菓子の店「福寿堂」には様々なだんごのほか、おにぎりなども販売している。店構えが古風で、どれを買っても間違いない気がしてしまう。

●information
福寿堂
東京都足立区千住4-17-10

「かどやの槍かけだんご」は、だんごの老舗。ひらたく丸められただんごは、類を見ないふんわり感。福寿堂のだんごと食べ比べてみるのも楽しい。

●information
かどやの槍かけだんご
東京都足立区千住5-5-10

宿場町通りを抜けると静かな大通りに出る。そこでふと横を見ると、「30円」という文字が目に飛び込んできた。ここは「まるせん」という焼き鳥屋で、店先には大量の焼き鳥が並べられている。1本30円~70円、「揚げつくね」のみ100円。とんでもない激安価格である。

●information
まるせん
東京都足立区千住5-6-5
○たまには高級ハンバーガー&こだわりシュークリームも

千寿七福神は、この付近にある神社に祀られているもので、2時間半程度で巡れてしまうという。そのひとつである「千住本氷川神社」へ行ったなら、高級ハンバーガーと濃厚シュークリームを食べてみてはいかがだろうか。

「サニーダイナー」は、行列のできるハンバーガー店。国産牛肉100%を使用し、野菜にもこだわりがあるという。価格は980~2,400円(税別/フライドポテト付き)と、これまでの激安食べ歩きと比べるとちょっと気合いが必要な価格だ。テイクアウトなら行列に並ばなくても購入できる。

●information
サニーダイナー
東京都足立区千住3-45

シュークリームは定番の洋菓子なだけに、ちょっとしたこだわりが「これだ!」という決め手となる。「ふらんすや」で見つけたシュークリームは、シューだけで店頭に並んでいる。購入後にクリームを注入してくれるため、それだけで特別感満載である。

●information
ふらんすや
東京都足立区千住3-55
○「贈る言葉」を歌いたくなるかも!? 金八先生の土手へ

宿場町通りをそのまま直進すると荒川にたどり着く。土手はかなり高い位置にあり、階段を上っていく。登り切るまでは空しか見えない。「何があるんだろう」というワクワク感を抱えて土手の上に出ると、川と空の広々とした空間が広がっている。

ここで、『3年B組金八先生』のオープニング映像が撮られた。現在、土手は幅広くなりアスファルトで舗装されているが、電線にも何にも邪魔されずにひたすら続く様子は、きっと今も当時と同じだろう。

北千住は、歴史の風情や下町文化がありつつ夜の顔も持つ独特な街だ。今回は散策メインに紹介したが、カフェや居酒屋、銭湯巡りも面白そうだ。時間をかけて様々な北千住を堪能してみてはいかがだろうか。

※税表記がない価格は全て税込

筆者プロフィール: 木口 マリ

執筆、編集、翻訳も手がけるフォトグラファー。旅に出る度になぜかいろいろな国の友人が増え、街を歩けばお年寄りが寄ってくる体質を持つ。現在は旅・街・いきものを中心として活動。自身のがん治療体験を時にマジメに、時にユーモラスに綴ったブログ「ハッピーな療養生活のススメ」も絶賛公開中。

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング