日比谷公園「丸の内音頭大盆踊り大会」開催--不況の世相を踊って景気づけ - tabico

日比谷公園「丸の内音頭大盆踊り大会」開催--不況の世相を踊って景気づけ

125 view更新日:2016年08月12日 情報提供:マイナビニュース

日比谷公園睦会商店会は8月26日~27日の各日18時~21時、「第14回 日比谷公園 丸の内音頭大盆踊り大会 2016」を日比谷公園大噴水周辺の特設会場と第二花壇芝生広場で開催する。

「丸の内音頭」は、不況の世相を景気づけようと、丸の内・有楽町・日比谷の商店主たちが昭和7年(1932)に完成させた踊り。翌年から歌詞を丸の内界隈の地名から東京の地名に変え、全国に広まったのが「東京音頭」であるという。

14年前、かつての「丸の内音頭」の乱舞を再現して不景気風を吹き飛ばそうと、日比谷公園開園100年記念事業の一環として再開されたものが「日比谷公園丸の内音頭盆踊大会」。今回も「丸の内音頭」完成時・再開時の趣旨にのっとって実施する。

会場では盆踊りのほか、抽選会も実施。芝生広場には、千代田区関連企業・商店による各種模擬店が登場する。

Copyright(C) Mynavi Corporation All rights reserved.

外部リンク

マイナビニュース

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング