みなとみらいの夜景のベストスポット【連載第1回】 - tabico

みなとみらいの夜景のベストスポット【連載第1回】

定番は、「万国橋」から見たランドマーク方面!

521 view更新日:2014年11月18日 情報提供:はまれぽ.com

横浜ならでは、海を彩る夜景を探せ!

横浜が誇る無数の夜景のなかでも、みなとみらい21地区を題材にした画像は群を抜いている。
その理由はおそらく、海面の反射を上手に取り入れることができるからだろう。鏡のような滑らかな状態を狙えば、色めく輝きの量は倍になる。例えばそれは、こんな具合だ。

夕闇が空を覆い出した、日の入り直後のみなとみらい21地区

「みなとみらい 夜景」などで画像検索をしてみると、多くの作品が、「横浜ランドマークタワー」や「コスモクロック21」が入るスポットから撮影されていることが分かる。
まずは定番のスポットをご紹介した後で、写真がきれいに撮れるアングルを探しつつ、夜のみなとみらい21地区を探索してみよう。プロのカメラマンではない河野が、いっぱいいっぱいのチャレンジをしてみた。

「万国橋」の上から 18:00

実は先ほどの写真、みなとみらい線「馬車道駅」にほど近い「万国橋」から撮影している。「横浜ランドマークタワー」と「コスモクロック21」を両端に配したアングルは収まりが良く、入江になった海面は波立つことが少ない。

中央やや右下、矢印の辺りがオススメスポット(Google マップより)

薄明かりが残る状態で、現地の様子

橋の上を左に行きすぎると、「横浜ランドマークタワー」の反射が海に映らない。かといって、右に進みすぎると、「コスモクロック21」の一部が樹木に隠れてしまう。
また、画角を寄せすぎると海面の映り込みが不十分になるし、広げすぎるとインパクトが欠けてしまう。自分なりのベストショットを、いろいろと工夫してみよう。

先ほどよりやや広げて、インターコンチネンタルホテルまで含めてみた

なお、写真に向かって左側の護岸は、現在工事が行われている模様。状況が落ち着いた後に、この護岸へ進んでいけば、もっといいアングルに巡り会えるかもしれない。

「ナビオス横浜」から「よこはまコスモワールド」へ 18:30

では、引き続き、みなとみらい21地区の点景を集めていこう。
次は、汽車道の東端にある「ナビオス横浜」のユニークな構造を生かして、額に納まったような効果を狙ってみた。

色が少ないので、引き締まって端麗(たんれい)に見える(1-A)

「コスモクロック21」を入れるかどうかは、個人の好み(1-A)

続いて、その「コスモクロック21」に近づいてみよう。
ここまで大きいと、そのまま映しただけでは、どうしても単純になってしまう。そこで目に付いたのは、お隣にあったガラス張りの建物。

インターコンチの女神像をバックに、スパイダーマンのイメージで(1-B)

海面もそうだが、反射は常に「別の視点」を与えてくれる。メーンとなる対象だけでなく、いろいろな方向に目を向けてみると、思わぬ発見が得られるかもしれない。
※ロケ番号(1-A)、(1-B) 番号の説明は後述します。

「横浜ランドマークタワー スカイガーデン」 19:00

「別の視点」で思いついたのだが、高い場所はどうなのだろう。
かつては日本一の高さを誇った「横浜ランドマーク」の展望台へ登ってみた。

色めく横浜港、中央奥には「横浜ベイブリッジ」(2-C)

せっかく高所へ来たのだから、ここは寄るより、全体を一枚に収めたいもの。また、ガラス越しになるので、映り込みなどのチェックも忘れずに。
さて、ランドマークタワーを後にし、汽車道へ進んでいくと、途中におもしろそうなスポットがあった。

「日本丸メモリアルパーク」の南端近辺(2-D)

拡大すると「半月と夕日」といった感じ(2-D)

展望台からの写真とは対照的に、シンプルにまとまった夜景を撮ることができた。目があちこちに行かないので、落ち着いた感じがする一枚。
※ロケ番号(2-C)、(2-D)

次回、【第二回】『みなとみらいの夜景のベストスポット』
「汽車道」や「象の鼻パーク」から夜景を見るならどこ?
をお送りします。

山下公園の観光情報

2.50横浜の観光&デートの定番中の定番

住所
:神奈川県横浜市中区山下町279
電話番号
:045-671-3648
営業時間
:通年:常時

【はまれぽ.comとは】
はまれぽ.comは横浜のキニナル情報が見つかるwebマガジンです。毎日更新の新着記事ではユーザーさんから投稿されたキニナル疑問を解決。はまれぽが体を張って徹底調査します。

はまれぽ.com

旅ネタをシェアする

tabico

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

tabicoの最新記事を毎日お届けします。

旅ネタに関するタグ

関連記事

週間アクセスランキング