三菱長崎造船所 旧木型場のスポット情報 - tabico

三菱長崎造船所 旧木型場 (長崎 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

三菱長崎造船所 旧木型場のスポット情報

三菱長崎造船所 旧木型場 出典:https://jp.pinterest.com/

鋳物工場に併設する「木型場」として建設されたもの

屋根を支える小屋組みのトラスが特徴的な二階建煉瓦造りで、明治30年代に建造された現存する木型場としては国内で最大規模を誇りました。役目を終えた後、長崎造船所が日本の近代化に果たした役割を永く後世に残そうと、1985年に史料館として改装されました。館内には、1857年に長崎造船所の前身の長崎鎔鉄所建設が着手されたときから現在までの長崎造船所の歴史を物語る約900点の史料を展示しています。

三菱長崎造船所 旧木型場の詳細情報

スポット名
三菱長崎造船所 旧木型場
ジャンル
観光施設
住所
長崎県長崎市飽の浦町1番1号
電話番号
095-828-4134
駐車場