高島秋帆旧宅のスポット情報 - tabico

高島秋帆旧宅 (長崎 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

高島秋帆旧宅のスポット情報

高島秋帆の邸宅跡で別名は雨声楼

長崎県長崎市東小島町にある兵学者・高島秋帆の邸宅跡(史跡)。江戸時代末期に、荻野流砲術および西洋砲術の第一人者。文化3年(1806年)、秋帆の父が建てた木造2階建ての別邸「雨声楼(うせいろう)」に移り住んだのだという。雨声楼は原爆で大破し破却されたため、現在は石段と石垣、土塀、弾薬庫、砲痕石などが往時の面影をとどめている。

高島秋帆旧宅の詳細情報

スポット名
高島秋帆旧宅
ジャンル
観光施設
住所
長崎県長崎市東小島町5番38号
電話番号
095-829-1193
営業時間
通年:常時
定休日
無休
公式サイト
http://www.city.nagasaki.lg.jp/shimin/190001/192001/p000524.html
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
長崎道長崎ICよりながさき出島道路方面に約5km
アクセス(電車・バス)
長崎電軌1系統、長崎電軌4系統正覚寺下駅より徒歩で約5分