石見国分寺跡のスポット情報 - tabico

石見国分寺跡 (島根 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

石見国分寺跡のスポット情報

8世紀中頃に建立され古い窯の跡がある

奈良時代、天平13年(741)の聖武天皇の国分寺・国分尼寺建立の詔により、各国に国分寺・国分尼寺が造られた。石見国分寺跡は現在の浄土真宗金蔵寺境内にあたり、塔跡と礎石が一部残っているのみ。石見国分寺は、発掘調査によって出土した瓦・土器などから、当初からこの地に造られており、国府地区が古代石見国の中心であったことを示している。

石見国分寺跡の詳細情報

スポット名
石見国分寺跡
ジャンル
観光施設
住所
島根県浜田市国分町1527
電話番号
0855-24-1085
営業時間
通年:常時
定休日
無休
公式サイト
http://www.city.hamada.shimane.jp/www/contents/1392968627588/index.html
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
浜田自動車道浜田ICより国分方面に約6km
アクセス(電車・バス)
JR浜田駅より石見交通バス(江津行)で約15分、国分寺バス停下車後徒歩で約15分