ベンガラの町 吹屋のスポット情報 - tabico

ベンガラの町 吹屋 (岡山 / 景観スポット)

3.21 (前回 3.20)

ベンガラの町 吹屋のスポット情報

ベンガラの町 吹屋

昔のきめ細かい格子が目を引く建物が並ぶ町

江戸から明治時代にかけては中国筋第一の銅山町として、また江戸末期から生産がスタートした「ベンガラの町」として全国に知られた吹矢地区。旧街道沿いには、ベンガラ格子に赤胴色の石州瓦や、妻入の切妻型、平入型式などの商家や町屋が軒を連ねている。また、銅とベンガラの原料となるローハで富を築いた庄屋「広兼邸」が当時のまま残されており、県の重要文化財指定の建物を見ることもできる。

ベンガラの町 吹屋の詳細情報

スポット名
ベンガラの町 吹屋
ジャンル
景観スポット
住所
岡山県高梁市成羽町吹屋
電話番号
0866-29-2222
公式サイト
http://www.city.takahashi.okayama.jp/
カード
不可
予約
不要
駐車場
収容台数:20台
アクセス(車)
中国自動車道新見ICより矢掛方面に約21km
アクセス(電車・バス)
JR備中高梁駅よりバスで約60分