佐渡国分寺跡のスポット情報 - tabico

佐渡国分寺跡 (新潟 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

佐渡国分寺跡のスポット情報

瓦ぶき屋根の佐渡最古の寺院跡

佐渡市にある佐渡国分寺跡は聖武天皇の発願によって建立された寺院の一つ。天平宝字8年(764年)落成したと言われている。北陸地方では珍しい瓦ぶき屋根の佐渡最古の寺院だったが、享禄2年(1529年)に焼失した。現在は史跡公園として整備され西側に、金堂・廻廊・中門・南大門・塔跡・新堂跡などの礎石がならび、当時の壮大な伽藍の様子がしのばれる。

佐渡国分寺跡の詳細情報

スポット名
佐渡国分寺跡
ジャンル
観光施設
住所
新潟県佐渡市国分寺113
電話番号
0259-55-3589
営業時間
通年:常時
定休日
無休
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
※不向き(公共の交通機関をご利用ください)
アクセス(電車・バス)
両津港よりタクシーで約30分