函館ハリストス正教会の鐘のスポット情報 - tabico

函館ハリストス正教会の鐘 (北海道 / 観光施設)

3.21 (前回 3.19)

函館ハリストス正教会の鐘のスポット情報

函館ハリストス正教会の鐘

異国情緒あふれる町並みに響きわたる鐘の音

初代ロシア領事館附属聖堂として安政6年(1859)に建てられたのが始まりのハリストス正教会。現在の建物は大正5年(1916)に建設されたもので、白い壁に青緑の尖塔をあしらったビザンチン様式の優美な外観が印象的。市民からは「ガンガン寺」の愛称で親しまれ、国の重要文化財に指定されている。鐘はオルゴールのような独特の明るい音色を響かせる。

函館ハリストス正教会の鐘の詳細情報

スポット名
函館ハリストス正教会の鐘
ジャンル
観光施設
住所
北海道函館市元町3-13
電話番号
0138-23-7387
公式サイト
http://www.city.hakodate.hokkaido.jp/
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
道央自動車道八雲ICより函館方面に約122km
アクセス(電車・バス)
函館市電2系統、函館市電5系統十字街駅から徒歩9分