八つ房杉(桜実神社)のスポット情報 - tabico

八つ房杉(桜実神社) (奈良 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

八つ房杉(桜実神社)のスポット情報

八つ房杉(桜実神社)

神武天皇が植えた8本の幹が絡み合う巨木

木花咲耶姫を祀る桜実神社の境内に植えられている杉の巨木は、国の天然記念物に選定されており、8本の幹が絡み合い、四方八方に勢いよくのびる様子が印象的。その姿から、ヤマタノオロチを連想させる「八つ房杉」と名付けられた。神武天皇が、東征の際に陣営「菟田の高城」を張った時に植えられたという歴史が言い伝えられている。

八つ房杉(桜実神社)の詳細情報

スポット名
八つ房杉(桜実神社)
ジャンル
観光施設
住所
奈良県宇陀市菟田野佐倉
電話番号
0745-82-2457
滞在時間
30 分
公式サイト
http://www.city.uda.nara.jp/sin-kankou/guide/flower/f20.html
ベストシーズン
11月
カード
不可
予約
不要
駐車場
駐車場料金:無料
収容台数:20台
アクセス(車)
名阪国道針ICから約45分
アクセス(電車・バス)
近畿日本鉄道榛原駅から車で約25分