大中尾棚田のスポット情報 - tabico

大中尾棚田 (長崎 / 景観スポット)

3.21 (前回 3.20)

大中尾棚田のスポット情報

大中尾棚田

江戸時代に大村藩主によって開墾された棚田

「日本の棚田百選」のひとつで、1746年に大村藩主が開墾したと伝えられる、歴史ある棚田。面積は8.8ha、棚田の枚数は約450枚で、神浦川が水源となっている。神浦川はやや離れたところに位置するため、川の上流域から「大井手」と呼ばれる水路を引いている。その距離はなんと約4.2kmにも及ぶ。神浦川は清流として知られ、おいしい米を作る基礎となっている。火祭りなどのイベントや棚田オーナー制度などもある。

大中尾棚田の詳細情報

スポット名
大中尾棚田
ジャンル
景観スポット
住所
長崎県長崎市神浦上大中尾町
電話番号
0959-24-0211
滞在時間
60 分
公式サイト
http://www.at-nagasaki.jp/archives/003/28.html?css=area.css
ベストシーズン
5月、9月、10月、11月
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
長崎自動車道長崎ICから約1時間20分
アクセス(電車・バス)
JR・長崎電気軌道長崎駅から車で約1時間10分