史跡八橋かきつばたまつりのスポット情報 - tabico

史跡八橋かきつばたまつり (愛知 / お祭り)

2.50 (前回 2.50)

史跡八橋かきつばたまつりのスポット情報

史跡八橋かきつばたまつり

平安の昔から続く景勝地に咲くカキツバタ

平安時代の歌人・在原業平が「からころも きつつきれなし つましあれば はるばるきぬる たびをしぞおもふ」と、句頭に「かきつばた」を入れて詠んだ景勝の地として知られる八橋。「伊勢物語」にも登場し、さらに現在の5千円札に描かれている尾形光琳の国宝「燕子花図」でもおなじみのカキツバタだ。花の見ごろに合わせて、「史跡八橋かきつばたを写す会」や茶会などが催される。

史跡八橋かきつばたまつりの詳細情報

スポット名
史跡八橋かきつばたまつり
ジャンル
お祭り
住所
愛知県知立市八橋町寺内61-1
電話番号
0566-95-0125
滞在時間
60 分
営業時間
17:00-21:00
夜間照明時間/4月27日~5月26日開催
公式サイト
http://www.chiryu-kanko.com/detail.html?id=1
ベストシーズン
5月
カード
不可
予約
不要
駐車場
駐車場料金:1日300円
収容台数:310台
アクセス(車)
伊勢湾岸自動車道豊田南ICから約5分
アクセス(電車・バス)
名古屋鉄道三河八橋駅から徒歩約10分