鶴御崎自然公園のスポット情報 - tabico

鶴御崎自然公園 (大分 / 公園・観光ファーム)

2.50 (前回 2.50)

鶴御崎自然公園のスポット情報

鶴御崎自然公園

九州最東端、白亜の灯台を望む展望スポット

瀬戸内海と太平洋の間、豊後水道を横切るように四国に向けて伸びる鶴見半島の突端は、九州最東端。九州で最も早い日の出を迎える場所で、細く長く伸びた半島のため、岬の周辺は一面の海原が広がる豪快な絶景スポットだ。200mの絶壁に囲まれた高台には、行き交う船舶を見守る鶴見のシンボル鶴御崎灯台が白く輝く。その手前の山頂に、360度の眺望が楽しめるパノラマ展望ブリッジがあり、豊かな緑と灯台、海との鮮やかなコントラストが楽しめる。周辺は椿やツツジ、ノジギクの花が咲き、野鳥も多く、美しいさえずりも清々しく爽快だ。

鶴御崎自然公園の詳細情報

スポット名
鶴御崎自然公園
ジャンル
公園・観光ファーム
住所
大分県佐伯市鶴見大字梶寄浦
電話番号
0972-33-1111
滞在時間
90 分
公式サイト
http://www.visit-oita.jp/spot/s_turumi0011.html
ベストシーズン
1月、4月、5月
カード
不可
予約
不要
駐車場
駐車場料金:無料
収容台数:80台
アクセス(車)
東九州自動車道佐伯ICから約1時間
アクセス(電車・バス)
JR佐伯駅から車で約55分