松屋寺の大ソテツのスポット情報 - tabico

松屋寺の大ソテツ (大分 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

松屋寺の大ソテツのスポット情報

松屋寺の大ソテツ

日出藩歴代藩主の菩提寺を飾る巨大なソテツ

松屋寺は豊臣秀吉の正室ねねの実母朝日局の菩提を弔い、日出藩初代藩主木下延俊が建立した由緒ある古刹。本堂の前に茂る大ソテツは高さ約6.4m、周囲約4.4mもあり国の天然記念物に指定されている。もとは大友宗麟が貿易により南国より持ち込み自邸に植えたものを、府内城に移植。1657年に木下家の菩提寺である当地に移されたと伝えられ、樹齢は約700年とも推定される。松屋寺には鎌倉時代の貴重な画や、雪舟築庭の「万竜の庭」、秀吉が延俊に与えたという虎が頭骨として伝わるなど、歴史にまつわる様々な品が残されている。

松屋寺の大ソテツの詳細情報

スポット名
松屋寺の大ソテツ
ジャンル
観光施設
住所
大分県速見郡日出町1921
電話番号
0977-72-2561
料金情報
大人 300円、中学生 200円、高校生 200円
松屋寺の拝観料
滞在時間
20 分
営業時間
08:30-17:00
松屋寺の営業時間
定休日
お盆,年末年始
松屋寺の定休日 ※不定休あり
公式サイト
http://www.visit-oita.jp/spot/spot0127.html
ベストシーズン
通年
カード
不可
予約
不要
ガイドが必要な場合は予約があれば確実
駐車場
駐車場料金:無料
備考:多数駐車可能
アクセス(車)
日出バイパス日出ICから約5分
アクセス(電車・バス)
JR暘谷駅から徒歩約5分