高島のウミネコのスポット情報 - tabico

高島のウミネコ (大分 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

高島のウミネコのスポット情報

高島のウミネコ

国際的に貴重なウミネコの営巣地

高島は豊予海峡に浮かぶ周囲5.5kmの無人島。島の東側の切り立った断崖を中心にウミネコが多く見られ、繁殖地として大分県の天然記念物に指定されている。ウミネコは大分県では冬鳥または留鳥として海岸や河川下流域で見られるが、県内の繁殖地はここのみ。国際的にも繁殖は日本の周辺だけに限られ、大変に貴重な場所となっている。高島へは1月から2月にかけて飛来し、春に産卵。親鳥、また成長した幼鳥は8月上旬頃に順次飛び立つのが観察されている。夏季は市により島に渡る船もあって、営巣地のより近くで観察するチャンス。

高島のウミネコの詳細情報

スポット名
高島のウミネコ
ジャンル
観光施設
住所
大分県大分市大字佐賀関
電話番号
097-537-7043
滞在時間
60 分
公式サイト
http://www.city.oita.lg.jp/www/contents/1101701206125/html/common/4b695984003.htm
ベストシーズン
1月、2月、3月、4月、5月、6月、7月、8月
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
東九州自動車道宮河内ICから約30分、幸の浦港から瀬渡し船で約20分
アクセス(電車・バス)
JR幸崎駅からバス約20分、佐賀関市民センター下車、徒歩約20分、幸の浦港から瀬渡し船で約20分