霞間ヶ渓のスポット情報 - tabico

霞間ヶ渓 (岐阜 / 自然スポット)

2.50 (前回 2.50)

霞間ヶ渓のスポット情報

霞間ヶ渓

桜と渓谷が織りなす絶景

古くから桜の名所として知られており、ヤマザクラ、エドヒガン、シダレザクラなどが自生したと伝えられている。江戸時代に大垣藩の手でソメイヨシノが植樹されたことにより、全長2kmの渓谷を埋め尽くすように桜が咲き誇るようになった。その数は約1500本に及ぶ。古くは鎌ヶ谷と呼ばれていたが、桜が咲き誇る様子を遠くから眺めると霞がかかっているように見えることから、いつしか現在の名で呼ばれるようになったという。1928年には、国の名勝天然記念物に指定されている。また、秋の紅葉もすばらしいと評判だ。

霞間ヶ渓の詳細情報

スポット名
霞間ヶ渓
ジャンル
自然スポット
住所
岐阜県揖斐郡池田町藤代地内
電話番号
0585-45-3111
滞在時間
40 分
公式サイト
http://www.town.ikeda.gifu.jp/kankou/kankou2/kankou2-1.htm
ベストシーズン
3月、4月、11月、12月
カード
不可
予約
不要
駐車場
駐車場料金:無料
収容台数:160台
備考:普通車約150台、大型車約10台
アクセス(車)
東海環状自動車道大垣西IC・名神高速道路関ヶ原ICから約30分
アクセス(電車・バス)
養老鉄道池野駅から徒歩約30分