中の茶屋のスポット情報 - tabico

中の茶屋 (長崎 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

中の茶屋のスポット情報

中の茶屋

花街の面影を残す江戸時代の庭園

かつて日本三大花街に数えられた丸山で、遊女屋「中の筑後屋」が江戸時代中期に茶屋を設けていた場所。別名「千代の宿」とも呼ばれていた。長崎内外の文人墨客が訪れ、幕末期にできた民謡「長崎ぶらぶら節」には、「遊びに行くなら花月か中の茶屋」とうたわれている。江戸時代中期に築かれた庭園としても貴重な遺跡で、長崎市指定の史跡。史跡内の建物では「かっぱ漫画」で一世を風靡した、長崎市出身の漫画家清水崑の原画等を展示している。

中の茶屋の詳細情報

スポット名
中の茶屋
ジャンル
観光施設
住所
長崎県長崎市中小島1-4-2
電話番号
095-827-6890
料金情報
大人 100円、中学生 50円、小学生 50円
滞在時間
30 分
営業時間
09:00-17:00
定休日
毎週月曜,年末年始
月曜が祝日の場合は開館
公式サイト
http://www1.city.nagasaki.nagasaki.jp/shimizu/index.html
ベストシーズン
4月、5月、10月、11月
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
ながさき出島道路出口から約8分
アクセス(電車・バス)
長崎電気軌道思案橋電停から徒歩約10分