沈堕の滝のスポット情報 - tabico

沈堕の滝 (大分 / 観光施設)

2.50 (前回 2.50)

沈堕の滝のスポット情報

沈堕の滝

雪舟が描いた幅100mもの豪快な名瀑布

国の登録記念物である名勝の滝。室町時代には雪舟が「鎮田瀑図」として描くなど、古くから名瀑として知られている。雄滝と雌滝からなり、特に雄滝は幅100m、高さ20mの豪快なもので、切り立った柱状節理の岩壁が滝面に続き、忘れがたい迫力だ。雄滝と並行した奥には明治時代に水力発電施設の堰堤が設けられ、景観にも変化があったが、1996年以降の堰堤強化の工事により、豊かな水が岩場を洗う古来の風景が復活している。雄滝と雌滝の間には石造りの水力電所跡があり、こちらも文化庁の近代化遺産である。

沈堕の滝の詳細情報

スポット名
沈堕の滝
ジャンル
観光施設
住所
大分県豊後大野市大野町矢田
電話番号
0974-22-2616
滞在時間
30 分
公式サイト
http://www.bungo-ono.jp/kanko/oono/chinda01.html
ベストシーズン
通年
カード
不可
予約
不要
駐車場
駐車場料金:無料
収容台数:15台
アクセス(車)
中九州横断道路大野ICから約10分
アクセス(電車・バス)
JR豊後清川駅から車で約5分