飯高寺(飯高檀林跡)のスポット情報 - tabico

飯高寺(飯高檀林跡) (千葉 / 城・神社・寺・教会)

3.15 (前回 3.22)

飯高寺(飯高檀林跡)のスポット情報

日蓮宗の学問所がおかれた日本最古の大学

1580年から1874年まで、日蓮宗の学問所がおかれた寺を、今も廃檀当時のまま保存。最盛期には600~800人の学僧が集まり、多くの名僧を輩出したといわれており、立正大学の前身として日本最古の大学とも評される。平成になり2度の修理で当時の姿に復元。境内全体は県指定史跡になっており、さらに総門、鼓楼、鐘楼、講堂は国指定の重要文化財にも認定されている。また、参道の杉などの巨木群も素晴らしく、講堂の広縁より見る杉木立も美しい。飛び地の黄門桜は水戸光圀公のお手植えといわれる桜の最後の1本となっている。

飯高寺(飯高檀林跡)の詳細情報

スポット名
飯高寺(飯高檀林跡)
ジャンル
城・神社・寺・教会
住所
千葉県匝瑳市飯高1789
電話番号
03-3313-6241
料金情報
特別な場合は別途相談
滞在時間
40 分
営業時間
参拝自由
定休日
年中無休
公式サイト
http://www.kanko.chuo.chiba.jp/kanko/1749/
ベストシーズン
4月、5月、10月、11月
カード
不可
予約
不要
団体、講堂内施設見学の場合は要予約
駐車場
駐車場料金:無料
収容台数:50台
備考:駐車台数は北駐車場・南駐車場の2ヵ所のおよその合計
アクセス(車)
銚子連絡道路横芝光IC、東関東道路成田ICから約30分
アクセス(電車・バス)
JR八日市場駅からバス約20分、飯高檀林下車すぐ