江の島サムエル・コッキング苑のスポット情報 - tabico

江の島サムエル・コッキング苑 (神奈川 / 動物園・水族館・植物園)

3.22 (前回 3.20)

江の島サムエル・コッキング苑のスポット情報

江の島サムエル・コッキング苑

英国人貿易商が残した南国ムードの植物園

庭園の名前の由来になっている明治時代の英国人貿易商、サムエル・コッキング氏が造った温室遺構が現存。南洋植物や四季折々の花が植えられた和洋折衷で南国ムードあふれる植物園だ。通年で様々なイベントが開催されており、秋にはハワイアン、ミュージック、アート、スイーツなどの素材を集めた「江no・fcs」が、冬には「関東三大イルミネーション」に認定された「湘南の宝石」が催される。「湘南の宝石」では、江の島シーキャンドルライトアップ、江の島バレンタインアイランドと、江の島を彩る光とカラーの祭典が繰り広げられる。

江の島サムエル・コッキング苑の詳細情報

スポット名
江の島サムエル・コッキング苑
ジャンル
動物園・水族館・植物園
住所
神奈川県藤沢市江の島2-3
電話番号
0466-23-0623
料金情報
大人 200円、小人 100円
滞在時間
30 分
営業時間
09:00-20:00
入場19:30まで
定休日
不定
江の島サムエル・コッキング苑
公式サイト
http://enoshima-seacandle.jp/garden/
ベストシーズン
通年
カード
不可
予約
不要
駐車場
アクセス(車)
第三京浜道路保土ヶ谷ICから約40分
アクセス(電車・バス)
小田急電鉄片瀬江ノ島駅から徒歩約20分