巨釜半造のスポット情報 - tabico

巨釜半造 (宮城 / 観光施設)

3.19 (前回 3.19)

巨釜半造のスポット情報

巨釜半造

リアス式海岸が生んだダイナミックな景勝地

唐桑半島の中部東側一帯に広がる約1.9kmの海岸線。大理石の海蝕による奇岩が連続した見事な景観が広がっている。巨釜には1896年の三陸大津波で先端が2m折れたことから名付けられた、高さ16m、幅3mの石柱「折石」があり、津波の歴史を物語るシンボルとなっている。半造から巨釜にかけての海岸線には遊歩道が整備されており、景観を楽しみながら太平洋を一望できる。

巨釜半造の詳細情報

スポット名
巨釜半造
ジャンル
観光施設
住所
宮城県気仙沼市唐桑町中(巨釜)・唐桑町小長根(半造)
電話番号
0226-32-3029
滞在時間
20 分
公式サイト
http://www.city.kesennuma.lg.jp/www/contents/1231222632692/index.html
ベストシーズン
4月、5月、6月、7月、8月、9月、10月
カード
不可
予約
不要
駐車場
駐車場料金:無料
収容台数:30台
アクセス(車)
東北自動車道一関ICから約1時間30分
アクセス(電車・バス)
JR気仙沼駅から車で約30分